地熱発電 - キーワード販売

キーワード販売 ホーム » スポンサー広告 » 太陽光発電 » 地熱発電

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地熱発電

一方、地熱資源を調査したり、地熱発電を開発するために坑井を掘削する際には、温泉法に基づき
都道府県知事の許可が必要となる。その際、周辺の既存源泉の所有者から同意書を得るよう指導し
ている都道府県もある。また、温泉法では、温泉の掘削等の許可について、温泉資源の保護に関し
ては、「温泉のゆう出量、温度又は成分に影響を及ぼすと認めるとき」を除いて許可をしなければ
ならないことのみを定め、その具体的判断基準は定めていない。そのため、都道府県においては、
温泉保護のため掘削等を制限する特別な区域を定めたり、既存源泉から一定距離内での掘削を認め
ない距離規制を行ったりすることで、審査基準の具体化を図っている例が多い。こうした規制が科
学的・客観的に見て過度なものとなる場合には、開発を進めるに当たっての大きな制約となってきた。
地熱発電は環境影響評価法の対象である出力 1 万kW以上が必ず環境影響評価を行わなければな
らない第1種事業に、出力 0.75 万kW以上 1 万kW未満が環境影響評価を行うかどうかのスク
リーニングを行う第2種事業に位置付けられている。また、条例によって、更に小規模なものも環
境影響評価の対象としている都道府県もある。地熱発電は第1種事業が 1 万kW以上と火力の 15
万kW以上や水力の 3 万kW以上に比べ小規模なものまで対象となっており、事業者の負担が重
いという課題もある。

なお、地熱発電で利用する蒸気、熱水は、一般の火力発電設備で利用する蒸気に比べて低温、低圧
であるが、電気事業法における保安規制においては、地熱発電は火力発電設備に含まれており、同
様の規制がかかっている。そのため、温泉発電等小規模な地熱発電においても、ボイラー・タービ
ン主任技術者の選任等が必要となり、発電コストを押し上げる要因にもなっている。
独立行政法人産業技術総合研究所(以下「産総研」という。)が行った我が国の地熱資源量評価に
よれば、温度が 150℃以上の地熱資源量は、約 2,347 万kW と試算されている。地熱資源は、日
本全国に広く分布しており、特に、年間日照時間が短く太陽光発電の普及が難しい北陸や東北、北
海道の日本海側のポテンシャルが大きい。そのうち国立、国定公園の特別保護地区・特別地域以外
の開発可能な地域の地熱資源量は約 425 万kW となっており、現在の設備容量合計 53 万kW と
比較すると今後の開発可能性は大きく残されているといえる。さらに、同じ産総研の地熱資源量評
価によれば、より低い温度領域での温泉発電の開発に有望な資源量(53℃~120℃の熱資源量)
は、833 万kW と試算されている。
既設地熱発電所に関しては、その敷地内から、地表に出ないコントロール掘削によって、自然公園
内の地下に賦存する地熱資源を利用することを前提に増加可能発電量を算定した。それによれば、
これまでの調査結果から自然公園内の地下の資源量が類推できる5地域の試算結果の合計は9.7万k
Wであった。また、これまで既設発電所において利用されずに地下に還元されていた熱水をバイナ
リー発電1により利用することを前提に増加可能発電量を算定した。それによれば、7地域で試算が
可能であり、その結果の合計は送電端で1.3万kW~2万kWであった。
以上、前スレからの抜粋です。
前スレは2chサーバのデータ消失で消えましたので、新しくスレを立てました。
地熱発電を事業化へ 温度70度以上の源泉活用
思ったんだけどさ
地熱で利用するのって水の水蒸気である必要ってあんの?
水蒸気だったら地上に引っ張り上げるまでに百数十度にしかならんでしょ?
油とか、水より沸点の高い液体地下に流し込んで温めて、地上にそのままループさせてくりゃ
地上で数百度の熱源が得られないか?
後はそれでお湯沸かすなりなんなりすりゃいいだけじゃないの?
そういうことを研究してる人がいたよ。
熱水に含まれる金属とかがパイプにくっついたりして、
定期的にパイプを交換する必要性も減るだろうけど、
貯留層を作れないのが一番の問題なんじゃないかなー。
コストだよ
深く掘れば熱源温度は上がるけど
必要流体量も増える
バイナリ発電じゃ20度の温度差で蒸発させられるんだろ?
普通にそれ直接地熱のパイプに送り込んだりしたらどこででも地熱発電出来るんじゃないの?
てすと
イエーイ
クリーンエネルギー
保守
地熱あげ
温度差が大きければ、使えるエネルギーは大きい=高効率
温度差が小さければ、使えるエネルギーは小さい=低効率
ゆえに、大工事してやっと豆電球を点ける程度のエネルギーを得ても
無意味。
家の前の小川で水力発電しようとするようなものだな。
地熱エネルギーは普及するか?
あげ
高温岩体発電こそ環境破壊だろう
地下の岩盤を砕き、そこに高圧で水を送り込み熱を回収する。
それで永続的に発電出来るのならまだしも あくまでも使い捨て。
一度利用して温度が下がった岩盤が元の温度に戻るまでには世紀オーダーの時間がかかる。
自然エネルギーではあっても持続的利用可能なエネルギーではない。
なぜ一ヶ所の温度が下がったくらいで持続可能じゃないと思うのやら
別の所を掘って熱を取り出せば良いだけ
千ヶ所も順繰り使ってけば、元の温度に戻ってるだろうに
数万KW の中水力に相当するような発電所を、20年くらいしたら 数km先に移動してと繰り返すのが持続可能?
一度使った場所は2度と使えないのに?
千箇所は大げさだろ
日本はさ、全発電発熱÷地表面積で 1W/㎡もエネルギー使ってるわけ
一方地熱エネルギーは地球平均で 約0.045 W/㎡ が自然放射分
たとえ条件が良い場所で平均より1桁上でも、まだ足りない。
地熱自然放射分以上に取り出せば、それは持続可能とはいえないよ
どんだけ広範囲の熱量を奪っているんだよw
詐欺師かな
エネルギー使用量として、日本という特別に密度の高い地域限定の数値を出しておいて、
地熱として地球平均という特別に低い数値を出して比較するのって
日本は地熱も世界で特別に密度が高い地域の一つだろうに
その理屈だと、
地熱自然放射分以下にに取り出せば、それは持続可能といえるな。
そうだね。 
たとえば地下1km~4km の3kmの厚みに渡って 3km四方からエネルギーを
取り出して 100万kWの発電を 10年くらいすれば 平均50℃ くらい下がる。
そして地面は1m標高が下がり、
その回復には千年単位の時間がかかる
日本に千年も安定してる土地などほとんど無いんだから回復など考える必要無し
そんなスケールでは何時火山噴火するか分からない土地で生活してるのを忘れるなよ
じゃ別のデータから
岩石の熱伝導率を3W/m/℃ とすれば 0.1W/㎡ 
地球平均の倍にはなったけど、まだまだ
付近に火山など熱異常の原因となるものがない場所の地温勾配がなにか?
地下にある熱エネルギーのポテンシャルが高ければOK
なんてのを挙げてる時点で、話題そらし
熱異常の原因となるものがやたらめったら多い土地だから有望視されてるのに
そんなに言うならさ
だろ? ざっと見て、どうよ?
岩石の熱伝導率に関係なく
熱がダダ漏れしてるっつーの
他にダダ漏れしてるからそこには熱伝導されてこないだけ
そこの調査をして平均語ってなんになる?バカ丸出し
なんか判らん そのダダ漏れの面積あたりの率が熱伝導率/厚み*温度差で求まるのだが? なぜ熱伝導率に関係ないと?
さらに深いところから熱が供給されていますから
弾性論とかいろいろ突っ込めるのですが、
まずは基本的な熱伝導のことがお分かりになっていないと思います
どうやって? 計算してみせてみてよ
ねえねえ、この人、あっちのスレで「論破したニダ!」って
華麗に自爆したマンセー馬鹿さん?(笑)
或るマンセー馬鹿の一日↓。w
ウリが論破したニダ!(マンセー)
それが0.5W/m2の正体ニダ!(キリリッ)
オマエは論理破綻してるニダ!(嬉々)
ウリの大勝利ニダ!(大喜)
えっ?(冷たい視線)
ど、どうしてみんな笑うニカ!(怒)
えっ?単位に気をつけるニカ???(不安)
面積と温度に比例し、距離に逆比例 ってどういう意味ニカ???(狼狽)
ウ、ウリが間違っているニカ????(顔真っ赤w)
なんかこんな臭いがします・・・。
わあ、すごいんですね。頭いいんですね!
じゃあ、「50℃下がる」って言ってる資源環境技術総合研究所
に、間違いニダ!って教えてあげましょう♪
仮に水平方向の面積が1km2で深度2km(220℃)から3km (280℃)
までの1kmの厚さの高温岩体(初期平均温度250℃)を考え,これから
平均温度が200℃になるまで熱を抽出し発電に利用したとすれば,
基本的な熱伝導がお分かりになっていないと思いますニダ。(カッコつけ)
えっ?(馬鹿にした視線感じる)
研究所?環境技術総合研究所?(不安)
えええっ?50℃冷えるって明言してるって???(狼狽)
ううう、ウリに間違いは無いニダ!(必死)
ウリは論破したニダ!(正気、完全喪失)
ふぁ~あ(あくび)
マンセイ馬鹿って教育効果ゼロ?w
高温岩体発電が数千年で回復するから再生可能エネルギーというなら
石油だって 無機起源説でも植物起源説でも、数千年すれば回復するんだから 再生可能エネルギーだわな
確かに地熱は大量のエネルギーがある。でも限りある資源。
子供の頃、セイタカアワダチソウが数メートルもの高い幹を誇っていたのが
今や1メートルにも満たないのを思い出す。
セイタカアワダチソウの渡来前、日本の地下50cmには大量の肥料が蓄えられていた。
それは膨大なものだったがセイタカアワダチソウはそれを利用し高い幹、遠くへ種を飛ばし繁殖した。
しかし、いくら膨大でも何世代も消費すれば無くなってしまう。セイタカアワダチソウは今や1m程度と低くなってしまった。
地熱に大量のエネルギーがあっても、その資源は有限であり使ってしまえば回復に時間がかかる。
回復速度に応じたエネルギーとなると、日本全体のエネルギー消費量の1桁以上下でしかない。
利用可能な場所で利用可能な範囲で使うことに反対はしないが
大規模な活用には賛同出来ないよ。
何が大規模で何が大規模でないのか数字で語れよ。
下がらないです
何度から50℃下がるのか判らないけど、効率が良すぎるように思うけどな
だから現実に100万kWだともっと下がるか短時間しか利用出来ない
高温岩体のような無茶をせず
温泉地の近辺にある1万kWオーダならそう破綻しないだろう
数字コピペしてくるだけで勝ったつもりになってるのは
ちゃんと理解していない奴だから
バカにしてやれ
マンセイ馬鹿、涙目。(笑)
もっと元気だせよ。
馬鹿なんだから。w
たった100km2で済むだけじゃん
ねえねえ、そんなに悔しいの?
ねえねえ、馬鹿にされてどんな気分?
数字を適当にあてはめてみると
単位容積あたりの比熱を 2MJ/㎡とする と 岩盤全体の比熱は (2E6*1000^3)
これから断熱状態で15年運転後の温度を計算すれば
だから、運転効率は理論効率の1/3にとってるんじゃないかな 17%の効率だとすれば
そんな事しなくても1km平方に太陽電池を敷き詰めて その発電電力のヒータで暖めれば持続的に使えるよ
理解していないものをコピペしても
地中の水脈面積が1km2なだけであって地表1km2を専有する訳じゃないので敷き詰められんがな
じゃあ 屋根に太陽熱温水器を取り付けて熱すればいい
発電電力で3.5万だから、熱量を元に戻すならその5倍以上必要
理科の知識もない人が多い
こんなレベルですから
岩盤の熱量で割ってなんで温度が出てくるのか ┐(´ー`)┌
熱は流れやすいところに流れ、そっちにダダ漏れされてる
熱が流れてこないところで測った熱量が地熱のポテンシャルというわけではない
割ってるのは (岩盤の比熱x容積)
等式は
これから温度差を出してるわけ。 了解?
で、どこにダダ漏れしてるの?
で、結局今地熱発電してる場所での、岩盤の温度低下の実測値は一体どうなってるのかな?
あとセイタカアワダチソウが劣勢になったのは、アレロパシーの自家中毒の影響の方が
大きいと思う。
というか、>>72に
って書いあるじゃないか?
ああ、岩盤全体の熱容量は (2E6*1000^3)  と書くべきだったと言いたいのか?
地表近くの地下水流で海へだろ
流入してくる熱量があるんだよ
岩盤の熱は隅から隅まで流れて使い切れるけど
他から岩盤への流入は認めないって奴だもん
ちゃうちゃう。
マンセー馬鹿だから、単位系も理解してないだけさ。w
単に頭が悪いだけ。w
マンセー馬鹿が馬鹿と呼ばれる理由です↓。(万歳マンセー)
だから
その数cm先の熱が伝わってこれないでしょ?0.5W/m2じゃ
わからんバカだな
その理屈じゃ15年どころかあっというまに冷えて使えなくなるっつーの
冷えるのは水路周辺だけで残り99m位の間は熱いまま
お前はそういってるんだぞ?
それが0.5W/m2の正体なんだ
故に理論破綻
天使と悪魔。
これは天使↓。w
いや、もう寝るけど、 単位によく注意してね
単位熱伝導量  □ W/㎡  
馬鹿が「自分は馬鹿です」とカミングアウトしているところ↓。w
じゃぁ熱伝導率が極端に低いと仮定して
その岩盤を地表に持ってきて水じゃんじゃんぶっかけても15年は熱いままだとでもいうのか?
その岩盤が保有出来る熱量なんて、周りから伝導されてくる熱量に比べたら爪の垢程度だっての
ばか
やたらとスレが伸びてる。
ニューススレへの反論。
水力と原発は40年で計算されてる。
地熱だけ15年で計算されてて不公平。
おお熱水鉱床ですね。 ロマンです
ここで平米あたり百ワット単位の話をしてして、流入熱量は2桁以上も小さい。
それを入れても結論に何の影響も与えない。話を複雑にするだけ。
地下に高温の場所があるのは何千年もかけて熱を蓄積してるから。
その原因は数10km先のマグマだったり
放射性元素を含んでいてその崩壊熱だったり
化学的な発熱だったり
使ってしまえば、元に戻るのに時間がかかるのは当然。
それを認めた上で、それでも有用かどうか議論するならともかく、
わけのわからないイチャモンを繰り返すのはどうかと思う。
地熱はある意味不安定なエネルギー。
タービンの腐食
循環配管に付着するスケール
低出力で長期間取り出すよりも、高出力で短時間運転。
使い終わったら次の場所という焼畑農業方式がトータルコストでは低くなるのかもね
地熱発電で温度が下がるとか言ってる人は、最初の1年ぐらいは下がるが、
その後は安定することが多いという「現実」にどう反論するのかな?
持続可能ではないのなら、少しずつ温度が下がり、
発電量も低下しなければ説明がつかないが、
ここしばらく新しい地熱発電所はできていないにも関わらず、発電量は横ばい。
つまり持続可能。
そもそもちょっと考えれば分かるけど、
持続的に取り出せる熱の量は、どれだけマグマに近いかで変わる。
それにも関わらず、地表から放出されるエネルギー量とかで計算してるのが間違い。
日本はマグマまでの距離が短いんだから、同じ深さで掘ったとしても、
持続的に取り出せるエネルギー量は、世界平均より高い。
それこそ、対象としてる【地下】だけではなく 広範囲に熱が供給されていることを示している。
だからこそ近隣の温泉地から反対運動を貰うのだろう?
熱エネルギーの伝導は地下の規模では熱伝導はあまりにも小さい。
物理的な交換であるマグマやマントルの対流、熱水による運搬が勝る。
高温岩体の場合は、岩を砕いて、その隙間に注水することでエネルギーを取り出す
それはコントロールされなければならない。 だから
流水以外の熱伝導についてはスケールからして無視してかまわない。
一般的な温泉地の場合は、そうしなくてお高温の地下水がある。
その場合は地下水の範囲がどこまでなのか判らない。
その面積が十分広ければ十分長い期間取り出せるかもしれない。
そしてそうすることでマグマの増大を抑え噴火などを抑えるなら良いことじゃないか?
地熱発電に適したところでは、マグマは地下3~5 km程度にある。
今の掘削技術では、地下4km程度まで掘れる。
近隣の温泉地まで、さて何km?
千度前後もある高温のマグマが地下3kmにあるとしても
現状を変えずに取り出せるのは 1W/㎡の単位だろう
より以上に取り出せばマグマを上から冷やす事になり対流を促進する事になる。
それによって噴
地震がおきるならそれは困る。
火などが抑えられるなら好ましい事だ。
そういう問題がコントロールされてるなら良い事だと思うよ
エネルギーを奪うと言うことは、対流は減る。
対流を起こすには、下から暖めるか、上から冷やすかのどちらか。
たとえば、深海を思い出してごらん。 
太陽熱で上から暖められ、下からも地熱で暖められている筈なのに深海の水温はとても低い。
地球上では狭い範囲にすぎない極地で海氷が作られる時の冷却が対流を起こして深海全体を冷やしてるわけ
もし、日本での地熱発電が 日本の消費エネルギーの何割かを満たすようなレベルになれば
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ecoplanner.blog44.fc2.com/tb.php/50-1b047355

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。